Go to content Go to navigation Go to search

語学留学の落とし穴

語学留学をしていて、一番おちいりやすい落とし穴は、同じ日本人です。
語学留学をしたら、言葉が通じないので、どうしても日本人同士で集まりがちになってしまいます。
日本人は特にグループを作って、日本語ばかり使っている人達を見かけることが多かったです。
それこそが落とし穴で、本気で英語を習得したいと思ったら、その日本人グループから離れることが必要だと思います。
そして、英語を使わないとだめな環境を自分で作ることがとても大事です。
授業のときだけ英語を使って、授業が終わると日本人同士で日本語で話をしていたのでは、留学した意味がありません。
そのような勉強の仕方をするのだったら、わざわざ留学しなくても、日本で語学学校に通っていればいいことだと思います。
わざわざ留学したのでしたら、できるだけ、現地の言語を使うことをしないと語学は進歩しません。
例えば、英語を話せるようになりたくて、アメリカやイギリスに留学したとしたら、行動するときに、外国人を一人入れて、全員で英語で話をするようにするといいと思います。
私もやっていたのですが、英語が共通語になるように、日本以外からの留学生と仲良くなると英語が上達するスピードも早くなります。
日本人は何かと日本人コミュニティーをつくりたがる傾向にあります。
その誘惑に負けていてはダメです。日本人達とつるんだりせずに、海外からの留学生や、出来れば、アメリカ人の友達をつくるのが英語を習得する絶好の環境になります。
日本人とばかり行動していると、何年留学していても、まともに英語が話せないままでいる人を私は何人も見てきました。
そういう留学はお金の無駄遣いに過ぎません。
日本人コミュニティーから離れて、孤独でも、外国人の友達を作って、出来るだけ英語を使う習慣を付けることが大切です。
自分の目標としているものに向かって行くのですから、その目標をはっきりさせることも大切です。
私はオーストラリアに留学したことがあって、私は洋楽の大好きな歌をマスターしたくて、短期留学をしました。
わずか2週間のオーストラリア留学でしたが、2週間の間、発音の仕方に集中して勉強した結果、見事に会得して帰ってきました。
そのときも日本人は日本人と一緒に行動していましたが、私は英語が話せたので、海外からの留学生と一緒に行動することにしました。
彼らと一緒にレストランなどに行っても、英語を使おうとしていて、とてもためになりました。

支払い方法は、代金引換と銀行振込の2つから選べます。ご注文後、商品のお届けをするまでに5日間掛かります!!スポーツに合わせてリアルなキット付きシリーズも多数用意!大学のサークル対抗戦や合宿の際の表彰に!サークル名等を記載すればオリジナルグッズの完成です。スポーツは教え方次第では、良くも悪くも転びます。トロフィー屋さんから学ぶスポーツ雑学はこちらのサイトからどうぞ。トロフィーの事ならこちらへ